木製テーブル

何も塗ってない木のテーブルがあり、これを塗装したい。
子どもが幼く、テーブルを舐めることが考えられるので、安全なものを使いたいが、どれを使えばいいか。

「水性ウレタンニス」での塗装をお勧めします。

低臭なので室内でも扱いやすく、食品衛生法にも適合しているので安全です。
室内であれば、工作品はもとより、家具や建具、無垢材の床にもご利用いただけます。

未塗装の素材に塗る場合、1回目の塗装は木が吸い込んでしまうため、2回以上の塗装が必要です。
また、安全性を優先したい場合や性能をしっかり生かしたい場合は、全ての塗装が終わってから1週間~10日乾燥してから実用してください。

水性ウレタンニスは、小さなお子様のいるご家庭や、臭いに敏感なペットのいるご家庭、集合住宅などでご近所に臭いによる迷惑をかけたくない方にもお勧めです。

天板にサンダーをかけ、なにも塗ってない状態まで剥がした。
「油性ニス」を1回塗ったときは、きれいに仕上がった。ペーパーをかけ、2回塗りをしたらざらついてきた。どうしたらきれいに塗れるのか。

天板の木質、木の種類にもよりますが、「油性ニス」を1回塗りし、乾燥した後、木の表面にケバ立ちが生じます。
サンドペーパーをかけ、2回塗りした時にも同じ現象起きます。
表面をなめらかに、美しく仕上げるには、1回塗るごとにサンドペーパーを丹念にかけることがコツです。

古い食卓で、もとの塗装は、ウレタン塗装と表示があったので、「油性ニス(透明クリヤー)」を10%希釈して塗ったが、2週間経っても、硬化しない。
茶碗の糸底の跡が丸い輪となって点々とつく。ティシュの紙箱をテーブルの上に置くだけで、底の紙がついて取れなくて困っている。

もとのウレタン塗装(2液型ウレタン)と「油性ニス」の密着については、ウレタン塗装の塗膜が古くなっていれば、サンドペーパーをかけて塗れば問題はありませんが、塗膜が新しい時は、基本的には密着はよくないので、この点にまず注意が必要です。
2週間経過しても硬化しない状態は異常で、通常は、20℃で1日おけば、跡が付いたりすることはありません。
食卓テーブルの素材が無垢材なので、ヤニの多い木質の場合、もとのウレタン塗装の塗膜が表面に残っていない状態で油性ニスを塗ると、ヤニの影響でニスが乾きにくくなることがあります。
このような場合、「油性ニス」を塗る前に、「ネオラックニス」などで、あらかじめヤニ止めをしておきましょう。また、木材の種類を確認する必要があります。

集成材の円卓(90cm)に1年くらい前に「ウッドオイル」の色物を塗ったが、ベタベタするので上からニスを塗ってもいいか。

集成材の素材が不明ですが、1年経ってもベタベタする原因は、ヤニに起因するものと思われます。
従って、「油性ニス」を上から塗装しても同様にヤニの影響で、乾かない可能性があります。
塗装してある「ウッドオイル」を研磨で除去したあと、「ネオラックニス」を塗ってヤニ止めをし、「油性ニス」を塗るとよいでしょう。
また、「ウッドオイル」を除去出来ない場合は、「ウッドオイル」の上に「ネオラックニス」を直接塗り、乾いてから「油性ニス」を塗る方法もあります。

ページのトップへ