板の間、フローリング、廊下、階段など

以前ワックスで手入れをしていた床にキズが目立ってきたので、サンダーできれいに木地調整をしてから、「油性ニス(けやき)」を塗ったところ、ところどころ白っぽくなって、つやのない仕上がりになった。

以前に塗ってあったワックスが、残っている可能性があります。
ワックスが残った状態で「油性ニス」塗装すると、ニスの中に含まれている溶剤がワックスを溶かし、塗膜の表面に浮き上がってきます。
乾燥した塗膜の表面に浮いたワックスは、上から見ると白っぽく見え、塗料の性状を破壊した状態になっています。
ニスの色物を塗るとワックスの作用で、色が寄ってしまい、均一な仕上がりになりません。
場合によっては、ニスが乾かないこともあります。

床に「油性ニス」を塗ったところ、素足だとよいが、靴下をはいて歩くと滑りやすい。

普通、「油性ニス」は、すべりを感じにくいと思われますが、以前に床用ワックスなどで、手入れをしていた場合、残っているワックスが、表面に浮き、それがすべりの原因になることがあります。
ワックスを除去したか、その程度、方法など確認する必要があります。
同じ油性系ニスでも、「フロアーS」の方が、より滑りにくくできています。

床にニスを塗りたい。「床用」と「フローリング用」はどう使い分ければいいか。

「床用」のニスは、昔ながらの板の間、無垢材の床に使用します。
無垢材の床には「水性ゆか用ニス」、「油性ニス」、「フロアーS」などをお勧めします。

板の間のイメージ画像

無垢材のイメージ

「フローリング用」のニスは、近年よく使われている合板のフローリング材(複合フローリング)に使用します。
合板のフローリングはもともと表面にコーティングが施されていますが、
このコーティングと「床用」のニスとの相性が悪く剥がれやすい傾向があるため、
無垢材に使用するニスとは別に「水性フローリング用ニス」を販売しています。

フローリングのイメージ画像

フローリング材のイメージ

無垢材、フローリング材ともに、日頃ワックスでお手入れをしている場合には、ワックスを剥がしてからニスを塗装してください。

ページのトップへ