ニスの上手な塗り方

塗装に必要な用具

塗料
用途に適したうすめ液
ニスハケ
サンドペーパー
塗料 用途に適したうすめ液 ニスハケ サンドペーパー
綿布(ウエス)
あて木
マスキングテープ
新聞紙
綿布(ウエス) あて木 マスキングテープ 新聞紙

1.木地研磨(素地調整)

木地研磨(素地調整)

素地調整のよしあしは、仕上がりを左右する大切な作業です。
サンドペーパー(#240~#320)で、木目にそって研磨します。
研ぎかすは、よく拭きとってください。

特に再塗装の場合は、木地研磨の前に塗る面の汚れをよく落としてください。

2.塗る

  1. 塗装は一回にあまり厚く塗らないでください。一回塗りとは、一回塗って返し塗りする程度です。
  2. 一回塗るごとに充分乾燥させてください。
  3. 最後の仕上げ塗りの前には、必ず軽く研磨してください。(サンドペーパー400番くらいを使用)

※塗りにくい部分から、塗装してください。
※塗り重ねる場合は、水性・油性それぞれの同品種のニスで仕上げてください。

使う前によく振る
guide_arrow
ハケに塗料を含ませ、容器に手をそえてふちでしごきます。
guide_arrow
ハケはペンを持つようにして木目にそって均一に塗ります。
使う前によく振る ハケに塗料を含ませ、容器に手をそえてふちでしごきます。 ハケはペンを持つようにして木目にそって均一に塗ります。
使う前によく振る

使う前によく振る

arrow
ハケに塗料を含ませ、容器に手をそえてふちでしごきます。

ハケに塗料を含ませ、容器に手をそえてふちでしごきます。

arrow
ハケはペンを持つようにして木目にそって均一に塗ります。

ハケはペンを持つようにして木目にそって均一に塗ります。

3.乾かす

乾かす

塗ったあと、直射日光を避けほこりのたたない場所で、自然乾燥させてください。

ワンポイントアドバイス
塗装するときは
  • 風のない晴れた日に
  • 換気を充分に
  • 汚れてもよい服装で
あて木の使い方
あて木かサンディングブロックにサンドペーパーを巻きつけて使うと、木の表面を平らに研磨できて便利です。
広い面を塗るときは
ニス塗りにはローラーは不向きです。気泡が出るため、きれいに仕上がりません。

コテハケを使うと便利です。
軽く引っぱるように塗り広げてください。
ハケを使う前に
毛の部分をサンドペーパーか荒板でこすって、スキ毛をよく取り払います。
きれいにつや消しに仕上げるには
まず、下地に「透明クリヤー」を塗ってから、仕上げに「つや消しクリヤー」を使うことを、おすすめします。
白い微粉末が出たときは、サンドペーパーで落として再塗装してください。
ニス塗りには 塗料に適したうすめ液を使用してください。
  • 水性は水で
  • 油性は「ペイントうすめ液」で
  • ラッカー系は「ラッカーうすめ液」で
ハケは乾かないうちに洗います。
ハケや用具を洗うときも、同じうすめ液を使用してください。
ワンポイントアドバイス
塗装するときは
●風のない晴れた日に
●換気を充分に
●汚れてもよい服装で
あて木の使い方
あて木かサンディングブロックにサンドペーパーを巻きつけて使うと、木の表面を平らに研磨できて便利です。
広い面を塗るときは
ニス塗りにはローラーは不向きです。気泡が出るため、きれいに仕上がりません。

コテハケを使うと便利です。
軽く引っぱるように塗り広げてください。
ハケを使う前に
毛の部分をサンドペーパーか荒板でこすって、スキ毛をよく取り払います。
きれいにつや消しに仕上げるには
まず、下地に「透明クリヤー」を塗ってから、仕上げに「つや消しクリヤー」を使うことを、おすすめします。
白い微粉末が出たときは、サンドペーパーで落として再塗装してください。
ニス塗りには 塗料に適したうすめ液を使用してください。
  • 水性は水で
  • 油性は「ペイントうすめ液」で
  • ラッカー系は「ラッカーうすめ液」で
ハケは乾かないうちに洗います。
ハケや用具を洗うときも、同じうすめ液を使用してください。
ページのトップへ