木地着色の仕上げ例

木地を着色してからニス塗りをして仕上げる方法は、木地塗装の基本です。仕上げるまでに、いくつかの工程があるので、時間を要しますが、木地を生かした立体感がでます。

水性ポアーステイン・水性オイルステイン

原液のままで色が濃い場合は、水でうすめて調整してください。
塗り重ねるごとに色は濃くなります。

色落ちを防ぐため、必ずニスで上塗りしてください。水性系、油性系、ラッカー系のいずれのニスでも上塗りできます。
ニスの種類(水性/油性)により発色効果が異なります。

オイルステイン(油性系)

2回塗り以上してください。色が濃い場合には「難燃性ペイントうすめ液」または「ペイントうすめ液」で適度にうすめてください。塗るごとに布でよく拭きとってください。

注意
色落ちを防ぐため、必ずニスで上塗りしてください。
上塗りには油性系、およびラッカー系のニスが使用できます。

塗装工程

lecture_finish_img01
guide_arrow
lecture_finish_img02
guide_arrow
lecture_finish_img03
guide_arrow
lecture_finish_img04
サンドペーパー(240~320番)にあて木を当て、表面を平らにしてから塗る。乾かないうちに、すり込むように綿布で拭きあげる。綿布で塗りムラのないように余分な塗料を拭きとり、充分乾燥させる。ニスを塗りよく乾燥させる。同様にしてさらに1~2回、繰り返しニスを塗る。
注意
着色剤を使用する際は、必ず同じ木地の板切れに試し塗り(着色と上塗り)をしてください。
ワンポイントアドバイス
一度濃く塗った色は、うすくなりません。ムラなく着色するには、うすめて2度塗るのをおすすめします。同質の木材で試し塗り(着色と上塗り)をして、仕上がりを確かめてから本塗装に入ってください。

との粉の使い方

導管の深い木などは、目止め(との粉)をするときれいに仕上がります。

lecture_finish_img05
guide_arrow
lecture_finish_img06
guide_arrow
lecture_finish_img07
よくかきまぜてください。ハケや布で塗って、乾かないうちに乾いた布でよくすり込みます。余分なとの粉を充分に拭きとります。よく乾燥させた後に、塗装してください。
ワンポイントアドバイス
水性ポアーステインはとの粉にまぜて着色と目止めが同時にできます。

「水性ポアーステイン」ととの粉の色の使い分け

  • 白との粉 ・・・・・ 鮮明なイエロー、オレンジ、レッド、ブルー、グリーンなど原色系に。
  • 黄との粉 ・・・・・ 茶系統、その他の色に。
  • 赤との粉 ・・・・・ 茶系統、その他の色に。
ページのトップへ