工芸うるし

鎌倉彫りに、工芸うるしの(黒)を2回塗り、鎌倉赤を塗ったところ、黒の色にまけて鎌倉赤が良く塗れない。原因はなにか。

黒は、色の中でも、他の色に影響を与える力が最も強く、このことから、黒を下塗りした場合、上塗りの色は、黒の影響を受けないようになるまで、塗り重ねをする必要があります。鎌倉赤の隠蔽性(下を覆い隠す力)からすると、最低2回塗りが必要となります。

工芸うるしを使用して、黒は比較的保存性がよいが、赤、朱赤は固まりやすい。特に透明が固まりやすい。同じ塗料なのにどうしてか。

一般には、樹脂が多く、顔料(色の元になる原料)の含有量が少ないほど固まりやすいのです。
「工芸うるし」の樹脂の原料にあたる油は、酸化重合反応が強く、空気中の酸素に触れると反応が進むことから、表面に革張りを起こし、しだいに中へと固まりが進行して、全体が固まってしまいます。
色によって硬化の差があるのは、顔料と樹脂のバランスの違いがあるからです。
一度開缶したあとは、ふたを閉めるときに、塗料の表面にペイントうすめ液を垂らして、低温下に保存すると保存性が良くなります。

木がやせてすきまができたので、鎌倉赤で埋めた後、黒を塗りさらに鎌倉赤を塗った。
縁を塗る時に刷毛のかえし時に大きな泡になり、いったんは消えたかに見えても、乾くと小さなツブツブができていて、触れるとザラザラになっている。
きれいに仕上げるのには、どうすればよいか。

原因は、2つ考えられます。

  1. 乾燥が不充分で、悪影響が出た可能性
    鎌倉赤→黒→鎌倉赤と塗り重ねをした時に下地が充分乾いていなかったため、最後の鎌倉赤を塗ったあと乾燥していく間に、下の塗膜の溶剤が蒸発しようとして上塗りの塗膜の中に入り込み、細かい泡を形成したことが考えられます。
    この場合、1回、1回の乾燥時間を充分にとり、サンドペーパー(#400)での研磨をはさみながら、塗り重ねていくとよいでしょう。
  2. 一度に厚塗りをしないことと、ハケさばきが重要
    ハケに必要以上に塗料を含ませすぎると、厚塗りになりすぎ、塗面に溜まりができたりして、塗膜が不均一になることがあります。
    塗膜の表面が乾燥しても内部は乾いていない状況になると、後から内部が乾燥するときに、空気が表面に出てきて泡になります。
    ハケは、容器のふちでしごき、余分な塗料をおとし、必要以上に含ませないように注意しましょう。

仏壇の角などが少しはげてきているので、工芸うるしを上から塗ってもいいか。

仏壇に塗ってあった塗料の種類と性質によります、「工芸うるし」との密着具合を確認した方がよいでしょう。
目立ちにくい部分で、サンドペーパーで軽く研磨し、「工芸うるし」を塗って、試し塗りをしましょう。
塗膜が、古くなっていれば、密着は殆ど問題ないと思われるので、補修しても大丈夫でしょう。

柿しぶ塗料の上に、工芸うるしは塗れるか。

「柿渋」が、完全に乾燥して古くなっていれば、問題はありません。

ページのトップへ