その他

「オイルステイン(オールナット)」を塗り、3日後に「速乾二ス」を塗ると色が動いた。
厚塗りをしたのが原因か。

厚塗りによって、乾燥が遅れたこともありますが、「オイルステイン」は乾燥しても、上塗りをしたときにニスの中に含まれる溶剤によって色がにじむことがあります。

今回のケースでは、「速乾ニス」の溶剤が「オイルステイン」を溶かし、色にじみを起こしたものと思われます。
色にじみを抑える方法として、「オイルステイン」の上から、「木のヤニ止めニス」または、「ネオラックニス」を塗り、上塗りのニスを塗るとよいでしょう。

ヒバの白木に電動サンダーで、木地調整をし、さらにサンドペーパーもあて、「オイルステイン(チーク)」のチークを塗るとキズ(サンダーをかけた痕)が目立ってしまった。

電動サンダーの場合、研磨する力が強く、傷になりやすいので、サンドペーパーの番号を細かめにする必要があります。(#320くらいが適当)。
サンダーのかけ方としては、必ず木目に沿って研磨します。木目と直角にかけるとキズが目立ちます。
「オイルステイン」は、木への浸透性が良いため、なおさら、傷が目立ちやすくなるので注意が必要です。

籐の塗装には、どんなニスを使用したらよいか?

籐は竹と異なり、油分は含まれていないので、基本的には、油性系、水性系ニスのどちらでも塗ることが出来ますが、その用途によって、使用する塗料が決められます。

  1. 装飾品など塗膜の強度を必要としないもの
    • 籐の素材から塗る場合・・・木地研磨(サンドペーパー#320くらい)をすれば、油性系、水性系ニスのどちらでもよい。
    • 補修など、塗り替えの場合・・・ 大半の籐製品はラッカー系、油性系塗料で塗装してあるものが多いので、サンドペーパー(#320くらい)をかけて、油性ニス系で塗装する。
  2. テーブル、椅子など、塗膜の強度を要求されるもの
    籐の素材から塗る場合、補修など塗り替えの場合どちらでも、油性系ニスをお薦めします。籐は、塗装面が全て∩面なので、塗膜の光沢、表面のなめらかさなど、仕上がり感の違いは、塗料によって明確に判ります。
    総合的に考えれば、「籐工芸ニス」、「油性ニス」をお勧めします。

ラワン材でパソコン台を作り「ウッドオイル(エボニー)」を塗った。1週間経っても乾かず臭いもする。どうしてか。

「ウッドオイル」は、通常、約12時間/20℃で硬化しますが、1週間経過しても乾かないのは異状です。
考えられる要因は、塗り重ねする時間のタイミングと思われます。
「ウッドオイル」は、木部の導管に浸透して、酸化重合により、中でプラスチック化して硬化し、木材内部から固める性質の油ですので、下塗りが硬化しないうちに上塗りしていくと、内部が柔らかい状態で、塗膜全体がなかなか硬化しない状況になります。 全体的に厚塗りした状態と同じになり、酸化重合が進みにくい状態になるからです。
充分乾燥してから、次の塗装にかかりましょう。

浸透して、プラスチック化する

「ウッドオイル」を塗っているが、まったく艶が出ない。少し艶がほしいがどうしたらよいか。
この上からニスが塗れるか。

「ウッドオイル」は、木部に浸透し、オイル独特のしっとりした仕上げになるのが特長ですので、ニスのような艶のある仕上げにはなりません。
艶を出したければ、「油性ニス」を上塗りすれば艶は出ますが、「ウッドオイル」を塗ってから、最低1ヶ月以上経過したほうが、「油性ニス」がよく密着します。
この場合、サンドペーパー(#400)をかけてから塗ってください。

パイン材の家具に他社の「オイルステイン(チーク)」の上に木肌マモールを1回塗ってすりこんだ状態だが、ロウの筋が白くついていて3日経ってもベタベタして乾かない。どうしてか。

「ロウの筋が白くついて残っている」ことから、「木肌マモール」を塗り込んだ後、布で磨き上げを行っていないか、磨き上げ不足と思われます。
このワックスは、天然成分の樹脂とワックスを主原料にしているため乾燥が遅く、磨き上げをしないと、なかなかベタツキが取れません。
また、オイルステインの上に「木肌マモール」を塗るのは、工程としてはふさわしくありません。ワックスを塗り込み、磨き上げるときにオイルステインが、色にじみを起こし、色ムラが生じてしまう可能性が強いのです。

楓の楽器に「ラッカーサンディグシーラー」を塗り、「クリヤーラッカー」で仕上げている。きれいに仕上がるが打ちつけると、白くなり剥がれてしまう。「ネオラックニス」を塗り、上記の方法で塗装すると密着がよくなるか。

「ラッカークリヤー」、「ラッカーサンディングシーラー」のようなラッカー系塗料は、樹脂の主成分が「硝化綿樹脂」で構成されています。
「硝化綿樹脂」は繊維質の樹脂で、その特性は、乾燥性に優れるが、衝撃性、耐熱性に劣ります。特に塗装後、釘打ち、打撃による打痕には注意が必要です。
下塗りに「ネオラックニス」を塗っても、上塗りの強度の問題であるので、効果はありません。

塗装してあるベニヤ板をサンドペーパーで白木の状態にした。黄色のとの粉で、目止めをし、「クリヤーラッカー」を塗ったら茶色(べっ甲色)になった。どうしてか。

黄色との粉は、濡れ色になると、それだけで色が黄味を帯びたクリーム色になりますが、さらに、「クリヤーラッカー」を上塗りしてとの粉に滲み込むと、ラッカー樹脂の色(淡黄色)が重なり、茶色っぽい色に仕上がる。樹脂の濡れ色効果である。

米マツの合板に「ポアーステイン」で着色した。「ラッカーサンディングシーラー」を「ラッカーうすめ液」で20%をうすめ、スプレーガンで4回塗り、乾かしてからランダムサンダー(320番)で、研磨をしたら「ポアーステイン」までとれてしまった。

着色剤で着色をし、ニスやサンディングシーラーなどを上塗りした時、研磨はできるだけ手研磨で行なってください。
塗膜が厚く付いているようでも、サンダーで研磨すると、力が強いので、塗膜が大きく削れてしまい、木地まで磨ぎ出してしまうことになるので注意が必要です。

竹に塗料を塗りたいが、どんな塗料がよいか教えてほしい。

竹の中に含まれる成分に竹特有の油分があり、塗装を妨げる要因になっています。
殊に、新しい青竹の場合は、この油分が強く、また、竹に含まれる天然成分が、防腐・防カビ・防虫機能有し、竹を保護する役目をしていますが、これらの成分の影響で、塗料と竹の密着を阻害しています。
古くなって変色した竹は、新しい青竹に比べるとこれらの成分が多少弱くなり、塗料も付着し易くはなりますが、完全でありません。 塗装した竹を屋内に使用する場合は、素材をサンドペーパー(#400)で研磨して、「油性ニス」を2~3回塗り、皮膜を厚めに仕上げると剥がれにくくなります。
塗装の阻害要因となる成分を取り除くには、竹の素材を煮沸し、成分を追い出す必要があります。

浮き、釣り竿に塗りたいが、どんな塗料がよいか。

耐水性、塩水性に優れた塗料であることが必要です。
透明性塗料では、2液性ウレタン樹脂塗料「2(TWO)ウレタン」、色物塗料では、油性の「工芸うるし」が適しています。
耐水性などの強度は、膜厚に比例して強くなるので、最低3~4回塗り(乾いては塗り、乾いては塗り)が必要です。
特に、「2(TWO)ウレタン」は、「下塗り液」・「上塗り液」の併用が必要条件です。

ニスのラベルに2回塗りとあるので2回塗ったが、容器にある色シールまた店頭にあった塗り板見本のようにならない。塗り板見本のように仕上げるのには、どうしたらなるのか。

店頭にある塗り板見本は、基本的にヒノキ材(色を正確に見せるため)3回塗りで仕上げてあります。
素材によって、木の導管の大小、硬さ、質量により塗料の吸い込み具合が違うことも、仕上がりの違いの大きな要因になります。 塗装作業上、一般的には、塗り板見本のような仕上がりにならない要因の多くは、

  1. ニスを塗る前の下地処理
    ニスを塗る前の木地研磨(サンドペーパー#280~#320)、ニスを塗り重ねする際の塗膜研磨(ケバ取り、サンドペーパー#400以上)が、最終仕上がりに大きく影響します。
  2. ハケの使い方
    ニスを塗るときに、ハケの毛の2/3くらいにニスを含ませ、容器のふちで、よくしごいて、余分な塗料をおとし、力を入れずに、やはり、ハケの毛の2/3くらいを使ってムラなく、丁寧に順序よく、一度に厚塗りをしないように塗ることがポイントです。
  3. よく乾かす
    塗料の乾燥時間は、ラベルに表記してある時間は目安であり、その時の温度、湿度、換気の状態により大きく変化します。
    充分に乾燥していれば、サンドペーパーをかけた時に白い研磨粉が出ます。乾燥不充分な時は、サンドペーパーに消しゴムの黒いかすのようなものが絡みます。
    この場合は、乾燥が不充分なので、さらに乾燥させる必要があります。
    よく乾燥させてから、次の塗装に入ることが、仕上げをよくする方法の一つです。

塗装について書いてある本に、との粉にニカワを混ぜて目止めをするとよいとあるが、どういうことか。ニカワがない場合、代用品として、何が使用できるのか。

「ニカワ」は、本来、弦楽器の製作に使用される接着剤で、接着剤の中では音を良く響かせる特徴があります。
このように、古くから、あらゆる所で接着剤として使用されています。
ニカワがなくても、水性木工ボンドをとの粉に混ぜて、同じ効果が得られます。
但し、ボンドの量が多すぎると、目止めがし難くなり、拭取りにくくなるので、との粉に混ぜる水の量の10%くらいが適量です。

ニスを塗って仕上げたが、もっとつやを出したいので、ワックスをこの上から塗ってもいいか。

基本的には、ニスの上からワックスを塗ることは差し支えありませんが、ワックスの種類にもよります。
ワックスには、ロウ系ワックスとシリコン系ワックスがあります。
ロウ系ワックスは、塗っても構いませんが、ニス以上の光沢が得られるかどうかということになると疑問があります。
シリコン系ワックスは、光沢は出ますが、シリコン成分がニスの皮膜を通過し、素材に浸透してしまうため、いずれ、ニスの皮膜全体にシリコンが行きわたり、ニスの再塗装が出来なくなってしまい、厄介なことになります。
いずれにしても、ワックスには、ニスのような表面保護機能はありません。
埃を呼び易く、手入れは定期的に行う必要があることを知っておきましょう。

日曜大工で家具を製作している。「油性ニス」および「水性ニス」(着色ニス)を使用している。

  1. 木材の平面は良いが、断面では、塗料が多くしみ込み、色が濃くなり年輪のむらが目立つ。との粉などで下地処理が必要か。
  2. 木材とベニヤ板を併用した家具では、それぞれ色が変わってしまう。よい対策はないか。

一般的には、家具の場合、機能的な強さ(磨耗性、耐水性、耐熱性など)考慮すると、「水性ニス」より「油性ニス」で仕上げた方がきれいに仕上がります。

  1. 断面(木口)部分は、樹液の通り道になる管の断面になるため、塗料の吸い込みが激しいのです。このため、着色剤で着色すると、極端に色が濃くなり、年輪の硬い部分と導管部分の色の濃淡ムラが明確に出てしまいます。

    この現象をやわらげる方法としては、

    • との粉で目止めをする
      吸い込みは止まるが、目止めしたときに、拭きとりをしても、との粉が残る率が高いため、美観は損なわれる。ニスの密着に影響を及ぼすこともある。
    • あらかじめ、ニスをうすめ液で20~30%希釈したものを塗り、滲みこませる。
      厚塗りすると、着色剤が浸透せず、色が付きにくくなるので、滲みこませるように薄めに塗り、乾いたらサンドペーパー(#400)で、ざらつきがなくなる程度に研磨してから着色する。
  2. 木材の種類とベニヤ板の表面の状態、色が異なるため、同じに仕上げることは困難です。
    木材とベニヤ板への色の浸透具合の差、素材表面の色の差は、いかんともし難く、
    あらかじめ着色剤を使って、濃淡に注意しながら、どちらかの素材に色を近づけることが必要です。

ページのトップへ